<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

てんぽの基本操作



新たにお取り扱いをさせていただいたレイルアーズさんのてんぽという名前のルアー。
まだシーズンも序盤ですしトップでの釣果も出づらいこの時期、正直なところこのブログをご覧いただいているアングラーの皆さんのご反応はどうなんだろうと少し不安な部分もありましたが、昨日の発売から程なくしてすべてのカラーがSOLD OUTという結果に不安だった気持ちはすっかりかき消されてなくなりました(笑)
後出しになってしまいましたが基本的な使い方と細部の画像を追加でアップいたしましたので興味のある方はご参考にしてみてください。



使い方ですが、頭の斜め横に付いたアイに結んだ場合はキャストして着水と同時にすぐ一定のスピードで巻いてください。
イメージとしてはルアーを回収するくらいの少し早めのスピードです。
途中でアクションを加えたり止めたりしないでください。
ルアーは上下左右、時には水面からジャンプしたりダイブしたりと予測が出来ないトリッキーなアクションを自動的にしてくれます。
また、ボイルが起こったときなどにも積極的にキャストしてください。
全速力で逃げるベイトフィッシュを演出してください。
捕食モードのバスはたまらずスイッチが入って躊躇無くルアーに襲いかかってくるでしょう。



背中のアイに結んだ場合はルアーが横方向へと動くアクションをします。
ロッドティップやラインスラッグを上手く操作して水面を漂う瀕死の小魚を演出をしてください。
使い込んでこつを憶えてくるとリーリングやロッドアクションで左右の進行方向を意図的に操れるようになります。
ボートポジションを変えずに横の動きでルアーの進行方向を自由に操れる事は特定のシチュエーションにおいて非常に有効になります。
ルアーを障害物やオーバーハングの下へ誘導したり岸と並行にルアーを動かしたり時には沖から岸に向かってルアーを動かす事も可能になります。
普段見慣れない動きはバスにとっても興味を抱かせる要素になります。



僕が書いた使い方はあくまでもてんぽの基本的な使い方です。
上記の使い方をご参考にしていただき、あとは実際にご購入いただいた方がアレンジを加えて自由に使っていただくのが良いと思います。
僕の場合、時にはジャークベイトのように、時にはダーターのように使ったりもします。
このルアーはとらわれないジャンルで自由度のたかいルアーだと思っています。
ちょっと大袈裟かもしれませんが信じて投げていただけたら心に残る体験をしていただけると思います。
ぜひ皆さんも僕と同じ感動を味わっていただけたらと思います。



最後に、SSのマーブルカラーのマーブル模様ですが塗装ではなく樹脂に塗料を練り込んで模様を出しています。
樹脂とウッドのハイブリッド構造というレイルアーズならではの独特のカラーという事をお伝えしていませんでした。
ではてんぽでの釣りをお楽しみください。
diary | permalink | comments(0) | -

2018New!レイルアーズ販売開始のお知らせ



2018年New!
今シーズンから新規お取り扱いさせていただくRey Lures(レイルアーズ)さん。
地元、神奈川県のルアーブランドです。
ビルダーの小畑氏は仕事柄ほぼ毎日のようにボートで湖に出ていらっしゃいますから常にフィールドでの試行錯誤を繰り返して生まれるレイルアーズのプラグは個人的に大注目しています。
時にはリアリティ、時には遊び心のあるデザインもあったりと釣り人を楽しませてくれます。
そんなレイルアーズさんから、まずは「てんぽ」という名前のフローティングリップレスベイトが入荷しました。
材質はウッドでもなく発泡でもなくプラスチックでもありません。
樹脂とウッドのハイブリッド構造という特殊で手のかかる制作方法でひとつひとつ手作りさています。
そんな手間のかかる工程で制作されているのにもかかわらずリーズナブルな価格というのは買い手にとっては嬉しいところ。
バリエーションは多くのフィールドでメインベイトとなるベイトフィッシュを意識したリアルカラーシリーズとペイントアイシリーズ。
リアルカラーシリーズはOikawa♂(オイカワ オス)とOikawa♀(オイカワ メス)それとペイントアイシリーズはBlack Bassカラー、SSカラー、SSカラーのマーブルベースがあります。
どちらのモデルも使い方は同じで一番の特徴としては2つのアイの位置で釣り方が変わります。
頭の斜め横に付いたアイに結んだ場合のアクションはリトリーブ(早巻き)の表層アクションでリアクションでの誘い、背中のアイに結んだ場合はシェイクといった誘いのアクションでの釣り、ひとつのルアーで2種類のアクションを楽しむ事が出来ます。
早巻きでのアクションはスレたバスにも見切られにくく、意図的にベイトフィッシュが逃げ惑うパニックアクションを演出してバスを捕食モードにさせることが可能です。
その威力を知っている一部のアングラーの方達はこのルアーで密かに(笑)好釣果をあげているのです。
サンプルをお借りした際、他にはない独特のアクションに感動したのが昨年の夏の終わり頃、どうにかお願いして制作していただく事が出来ました。
このルアーは流通量が非常に少ないため一部のローカルアングラーのシークレット的な存在ですが、しっかりとした経歴やバックグラウンドがあり十分な実績があります。
今後も継続してお取り扱いをお願いしていますが次回の入荷はいつになるかわかりませんのでご興味のある方はぜひこの機会に手に入れてみてください。
ご注文はナチュラルディストーション オンラインショップからどうぞ。

COLOR:Oikawa♂. Oikawa♀.Black Bass. SS Olive. SS Purple. SS Purple & Pink Marble. SS Purple & Purple Marble
WEIGHT:ABOUT 5/8oz
LENGTH:105mm

限定数での発売となりますので入荷数に達した時点で販売を終了させていただきます。
商品はご注文いただいた順に発送となります。
diary | permalink | comments(0) | -

気配



ここ数日、朝の空気が穏やかになったと感じるのは気のせいでしょうか。
ウッドデッキで飼っているメダカ達も活発に動き回って食欲も旺盛です。
全国的にまだまだ寒い日が続いていますが日照時間もだいぶ長くなってきて水の中も冬から春に向けて日に日に変化してきているのは間違いなさそうです。
そうなると気になるのがワカサギパターン。
僕らトップウォータープラッガーは当然ながら表層の釣りになりますからもちろんですがトップウォータープラグのみというスタイルになります。
ワカサギレイクの春はベイトフィッシュであるワカサギの産卵行動を把握する事がバスを探す手掛かりにもなります。
という事でそろそろこのルアーの出番。
僕の使用するタックルはブライトリバーさんのキャトルシリーズの2パワーモデル。
このルアーの話はこんど近々あらためてしたいと思います。
春は間近!?
diary | permalink | comments(0) | -

春一番



北陸や中国、九州北部では春一番が吹いたようですが関東もそろそろでしょうか。
条件が揃わないと「春一番」とは言わないらしく発生しない年もあるんだとか!?
毎年必ず春一番は吹くとばかり思っていましたがどうやら違うようですね・・・この歳になるまで知りませんでした・・・笑
さて、先日の記事でも入荷のお知らせをいたしましたNatural Distortion Eye スピンオフモデル#1807ですがUVレンズモデルのブラック&ブラックマーブルフレームがすべてSOLD OUT、残りの各色もそれぞれラスト1個ずつの在庫となりました。
弊社のフレームはすべて度付きレンズへの交換(1年保証つき)も随時受け付けておりますので気になる方はぜひご相談ください。
ちなみにですが今回、自分用にはトート&ブラックトートフレーム UVレンズモデルをセレクト。
最近、気になっていたレンズカラーの度付き偏光レンズへ交換しようと思っています。



話は変わりますが、スゥィークイック。
アカシブランドの明石さんよりご好意でサンプルを送っていただきましたのでいち早く使わせていただいております。
レスポンス良く、キビキビとしたキレの良いターンアクション。
ハイシーズンには手返しよく広範囲のエリアからやる気のあるフィーディングバスを効率よく探るパイロット的なルアーとしても活躍してくれそうです。
今シーズンしっかり使い込んでみたいルアーのひとつです。
diary | permalink | comments(0) | -

Natural Distortion Eye スピンオフモデル#1807





昨日のボートクッション(限定マルチカラー)に続いて2018年の新作の偏光サングラスとUVサングラスのNatural Distortion Eye スピンオフモデル#1807をオンラインショップに追加アップいたしました。
偏光レンズカラーはナチュラルでオールマイティなレンズカラーをセレクト、しばらくのあいだ完売していたUVサングラスモデルも入荷しました。
スピンオフモデルのため各モデル少量限定リリースのスペシャルアイテムとなっておりますので気になる方はどうぞお早めに。
ご注文はナチュラルディストーション オンラインショップからどうぞ。

弊社のフレームはすべて度付き偏光サングラス(1年保証)への交換にも対応しております。
度付き偏光サングラスの製作をご希望のお客様はお気軽にお問い合わせください。
偏光レンズのカラーに関しましてはお客様のご要望によって薄色から濃色まで幅広くご用意しております。
製作期間は約3週間前後となります。
diary | permalink | comments(0) | -

2018New!ボートクッション限定カラー(マルチカラー仕様)



立春を迎え暦の上では春となりましたが寒い日が続いています。
日陰に残っていた雪はなくなりましたが春らしい陽気になるのにはまだもうしばらくかかりそうです。
今年になって何度か雨や雪は降りましたが県内の降水量自体は少なく、神奈川県のリザーバーはどこも減水気味。
個人的には満水よりも減水しているリザーバーの方が好みなので、貯水率の数値データだけ見るとソワソワしてしまいますが、ここ神奈川県のリザーバーに関しては基本、クリアーな水質で水深のあるワカサギレイクなので今の時期のトップウォーターゲームはそう簡単ではありません。
とは言っても2月は魚が動き出す時期とも言われています。
本当かどうか確信はありませんが自分自身の体験から2月にトップで入れ食いになった経験も確かにあり、あながち間違いではないと思っていますが皆さんはいかがでしょうか。
貴重な一匹との出会いを目指してフィールドに足を運んだら良い事があるかもしれませんね。
さて、話は変わりますが新年のバタバタがちょっと落ち着いたところでNewアイテムをオンラインショップに順次追加していきます。
まず最初はボートクッション限定カラー(マルチカラー仕様)のコンパクトサイズレギュラーサイズ
クラシックなアメリカのキャンプシーンのようなちょっとレトロでポップな落ち着いたカラーリングイメージです。
少量限定生産のスペシャルアイテムとなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
ご注文はナチュラルディストーション オンラインショップからどうぞ。
diary | permalink | comments(0) | -

ランカー賞



ちょっと前に新年を迎えたと思っていたら早くも1月が終わろうとしています。
寒波の影響でここ最近の湘南エリアも真冬といった感じ。
日陰にはまだ雪もちらほら残っていますが今週も関東は雪の予報・・・
どうなることやら・・・
話はがらっと変わって、なんとなんと!2017年度のランカー賞をいただいちゃいました。
一生に一度あるかどうか、、、というか夢のような出来事なのでこの際、ちょっとだけ自慢させてください(笑)
昨年の9月に津久井湖で釣ったバス
お世話になっている津久井湖のレンタルボート屋さんの昨年1年間のシーズンを通してキャッチされたバスの中で最大サイズ、さらに津久井湖のすべてのレンタルボート店の公式記録を見る限りどうやら自分が釣ったバスが1番の大物だったようで(めちゃめちゃ嬉しい!)
ずいぶん長くバス釣りをしていますがこんな事ってあるんですね。
しかも地元、神奈川のレンタルメジャーフィールドの津久井湖。
釣り人も多く、プレッシャーも高く、簡単なフィールドではありません。
まぁ、最近はどのフィールドも簡単ではありませんけどね・・・笑
その津久井湖でハンドメイドのトップウォータープラグ(アカシブランドさんのチニータジャップスワロー)で自分の記憶に一生残るであろう59cmのバスを釣る事が出来て本当に嬉しい。
そう考えるとトップウォータープラグのポテンシャルの高さをあらためて感じるとともに自分自身の経験値を上げる事が出来ました。
あらためて津久井湖とお世話になっているレンタルボート屋さんそしてブラックバスに感謝。
自慢話でスミマセン!
diary | permalink | comments(0) | -