<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018New!レイルアーズ販売開始のお知らせ | main | 低気圧 >>

てんぽの基本操作



新たにお取り扱いをさせていただいたレイルアーズさんのてんぽという名前のルアー。
まだシーズンも序盤ですしトップでの釣果も出づらいこの時期、正直なところこのブログをご覧いただいているアングラーの皆さんのご反応はどうなんだろうと少し不安な部分もありましたが、昨日の発売から程なくしてすべてのカラーがSOLD OUTという結果に不安だった気持ちはすっかりかき消されてなくなりました(笑)
後出しになってしまいましたが基本的な使い方と細部の画像を追加でアップいたしましたので興味のある方はご参考にしてみてください。



使い方ですが、頭の斜め横に付いたアイに結んだ場合はキャストして着水と同時にすぐ一定のスピードで巻いてください。
イメージとしてはルアーを回収するくらいの少し早めのスピードです。
途中でアクションを加えたり止めたりしないでください。
ルアーは上下左右、時には水面からジャンプしたりダイブしたりと予測が出来ないトリッキーなアクションを自動的にしてくれます。
また、ボイルが起こったときなどにも積極的にキャストしてください。
全速力で逃げるベイトフィッシュを演出してください。
捕食モードのバスはたまらずスイッチが入って躊躇無くルアーに襲いかかってくるでしょう。



背中のアイに結んだ場合はルアーが横方向へと動くアクションをします。
ロッドティップやラインスラッグを上手く操作して水面を漂う瀕死の小魚を演出をしてください。
使い込んでこつを憶えてくるとリーリングやロッドアクションで左右の進行方向を意図的に操れるようになります。
ボートポジションを変えずに横の動きでルアーの進行方向を自由に操れる事は特定のシチュエーションにおいて非常に有効になります。
ルアーを障害物やオーバーハングの下へ誘導したり岸と並行にルアーを動かしたり時には沖から岸に向かってルアーを動かす事も可能になります。
普段見慣れない動きはバスにとっても興味を抱かせる要素になります。



僕が書いた使い方はあくまでもてんぽの基本的な使い方です。
上記の使い方をご参考にしていただき、あとは実際にご購入いただいた方がアレンジを加えて自由に使っていただくのが良いと思います。
僕の場合、時にはジャークベイトのように、時にはダーターのように使ったりもします。
このルアーはとらわれないジャンルで自由度のたかいルアーだと思っています。
ちょっと大袈裟かもしれませんが信じて投げていただけたら心に残る体験をしていただけると思います。
ぜひ皆さんも僕と同じ感動を味わっていただけたらと思います。



最後に、SSのマーブルカラーのマーブル模様ですが塗装ではなく樹脂に塗料を練り込んで模様を出しています。
樹脂とウッドのハイブリッド構造というレイルアーズならではの独特のカラーという事をお伝えしていませんでした。
ではてんぽでの釣りをお楽しみください。
diary | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする