<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

秋の準備



今年のホームダムは台風の影響などもあり夏の満水で濁っています。
気温の低下と共に表水温も下がりはじめました。
9月のトップでの釣果としては細身のペンシルやダーター、ダブルスウィッシャーへの反応が好調。
タイミングとエリアで数は釣れますがサイズはいまいち。
そのパターンも数日で大きく変わるので状況変化への柔軟な対応が必要です。
濁り具合と水通しの関係がキーポイントとなりました。
9月末から10月になると大きめのルアーへの反応が良くなります。
以前、ホームダムで57cmと59cmをキャッチしたのはこの時期です。
秋の釣りは大きめのルアーで大型のバスを狙って釣るチャンスでもあります。
そしてルアーに関しても自分の経験に基づいたイメージがあります。
フラットボディ+金属パーツ。
水深のあるエリアからバスを引き寄せるイメージで強弱のバランスが重要だと考えています。
強弱のバランスに関してはルアー自体のポテンシャルがとても重要。
アクションでの集魚力はもちろんですが、
ポーズ中にもゆらゆらと動きアピールするフラットな形状。
それにに伴った金属パーツの連動する動きがバスのやる気スイッチを入れるひとつの要因と考えています。
このタイミングでのフラッターギルのリリースには理由があるのです。
あとはエリアとタイミングと集中力。
diary | permalink | comments(0) | -